減価償却制度

Pocket
LINEで送る

減価償却制度とは、企業の生産設備や建物といった使っているうちに劣化する資産について、毎年の価値の減少分を損金として形上する制度。

減価償却制度は法人税法で定めた金額の範囲内で償却費を損金(経費)として課税所得から差し引き、税負担を軽減することができる。

2007年には減価償却のペースを大幅に前倒しできる仕組みが新たに導入されたので、企業は投資直後に計上できる損員額が増えた。

その結果、新たな投資を計画する際に迅速に対応しやすくなった。

事業のつなぎ資金