中央銀行

Pocket
LINEで送る

中央銀行とは、日本では日本銀行のことを指し、「発券銀行」「銀行の銀行」「政府の銀行」という3つの重要な役割を担う。

発券銀行・・・銀行券を独占的に発行している。また経済情勢にあわせて市中に出回る通貨の量を調整するのも中央銀行の仕事です。

銀行の銀行・・・民間の銀行から預金を受け入れたり、貸し出しをしたりするなど、銀行にとっての銀行の役割を果たしている。

政府の銀行・・・税金など政府の資金を管理している。

これら3つの機能に加えて、中央銀行はこれらの機能を利用し金融政策を実施している。

中央銀行の資産について

中央銀行は金融機関から国債などを買い取ったり、金融機関に資金を貸し付けたりして、市場に資金を供給している。

このため、中央銀行が抱える国債や貸付金などの資産の総額は、市場への資金供給量とほぼ同等になる。

中央銀行は供給量を増減させることによって金利を操作しており、資産規模の大きさを金融緩和度合いの目安とする考え方がある。

石川遼 英会話 スピードラーニング 韓国語