デフレーション(デフレ)

Pocket
LINEで送る

デフレーションとは物やサービスの値段が継続的に下がっていく状態のこと。

略して「デフレ」と言う。

デフレはモノの生産能力が消費者の購買力を上回り、生産過剰になったときに発生するほか、景気が悪化して消費者の購買力が低下するなど経済全般が停滞した場合に発生する。

物やサービスの値段が下がるので、消費者にとって一時的な購買力の増加につながるが、長期で見れば企業の収益悪化やそれに伴う給料の減少、資産価値の下落を招く。

また、実質的な債務負担の増加にもつながる。

政府は2009年11月の月例経済報告で、日本経済が「穏やかななデフレ状況にある」と発表した。

月例経済報告におけるデフレ認定は2006年6月以来、3年5ヶ月ぶり。

日銀はデフレ脱却のために金融緩和を続けている。

高齢者の宅配DVDレンタル