信用取引

Pocket
LINEで送る

信用取引とは、投資家が証券会社からお金や株式を借り、株式を売買すること。

少ない資金で多額の株式投資が可能となり、相場が下がる局面で利益を狙ったりすることができる。

相場の予想が当たれば通常の株式売買より大きな利益が得られる場、逆に見通しが外れれば損失もその分、大きくなる。

信用取引をした場合、投資家は売買手数料のほかに、借りている資金の利息などを証券会社に支払う。

コストがかかるため、株式売買に慣れた投資家が短期売買に利用することが多い。

改正貸金業法 自営業者