日米金利差

Pocket
LINEで送る

日米金利差とは、アメリカと日本の長期金利の差のこと。

投資家はより高い金利を求めて資産運用するので、金利差が広がれば、金利の高い国(アメリカ)に資金が流れ、円安・ドル高が進みやすくなる。

逆に金利差が縮まれば、為替リスクをとってまでアメリカで運用しようとする投資家が減るので、円高・ドル安に動きやすくなる。

長期金利の中でも、ドル円相場に影響が大きいのは2年債の金利差。

スピードラーニング 中国語