リスク資産と安全資産

Pocket
LINEで送る

個人の保有する金融資産は、価格変動率に応じて大まかに「リスク資産」と「安全資産」とに分けられる。

株式や為替などの市況次第で時価が動く投資信託や外貨預金などは、値上がりが期待できる半面、大きく値下がりする可能性もあるので「リスク資産」となる。

一方、現金や預金、保険、国債などの国内債券は時価の変動がないか限定的なため、「安全資産」と言える。

個人金融資産全体に占めるリスク資産の比率は「貯蓄から投資」の進捗具合を測る物差しとなる。

ホームドラマチャンネル 三重県の温泉宿