公定歩合操作

Pocket
LINEで送る

民間金融機関が日銀からお金を借りるときの金利を「公定歩合」といいますが、日銀が公定歩合を引き上げると、銀行は調達コストが上昇するので、その分企業に対する金利の引き上げを行います。

この結果、企業は設備投資などをするための資金を銀行から借りづらくなり、景気も抑制されてしまいます。

反対に、公定歩合が引き下げられれば、銀行は低い金利で貸出ができ、景気は上向くので、公定歩合操作は実体経済に影響を与えるものといえます。