公開市場操作(オペレーション)

Pocket
LINEで送る

公開市場操作(オペレーション)とは、金融政策のひとつで、日銀が金融市場で国債等の債券や手形を売買することによって、市中に出回るお金の量を調整すること。

例えば、日銀が銀行に国債を売却した場合、その分銀行の手持ち資金は減少するため、銀行は企業への貸出を抑えることから金利は上がり、景気は抑制されます。

このことを「売りオペレーション」といい、銀行の持つ国債を日銀が買い取り、銀行の資金を増やし、景気を後押しすることを「買いオペレーション」といいます。