預金準備率操作

Pocket
LINEで送る

預金準備率操作とは、銀行の預金の一定割合を日銀に預けることをいい、金融政策のひとつで、民間銀行が日銀に預けているお金の割合を操作して、市中のお金の量を調整する政策のこと。

日銀が預金準備率を引き上げると、銀行が企業への資金の量が減少します。

一方、預金準備率を引き下げれば、銀行は資金に余裕ができ、それを企業に貸し出せるようになります。