バブル現象

Pocket
LINEで送る

バブル現象とは、土地や株価などの資産価値が、実際の価値より異常に高騰した現象をいう。

日本では1980年代後半から90年代初めに起こりました。

当時は、低金利政策のため、銀行同士の貸出競争が起きて、企業も個人も巻き込んでの財テクブームが起きました。

政府が1990年、銀行の不動産関連の融資を規制し、急速に投資熱は冷え込み、株価、地価ともに一気に下落しました。これがバブルの崩壊です。