証券取引等監視委員会

Pocket
LINEで送る

証券取引等監視委員会とは、証券取引等における不正行為の防止を目的に発足した行政の委員会です。

公正な証券取引、金融先物取引等を監視する目的で、1992年に大蔵省のもとに設置され、現在は金融庁に設置されている。

90年代にインサイダー取引等の証券不祥事が頻発し、このような事態の再発を防止し、投資家の証券取引の信頼を回復する目的で設置される。