優先株/劣後債

Pocket
LINEで送る

配当支払いが他の株主より優先される株式を「優先株」といい、倒産後の元利支払いの優先順位が低い社債を「劣後債」という。

株主になると、配当を受け取ったり、発行企業が倒産した場合に残余財産の分配を受け取ったりできる権利を持ちます。

これらの配当を他の株主より優先して受け取れる株を優先株といい、劣後債は請求の優先順位が低く、企業が倒産した際に、通常の社債の持ち主が請求し終わった後でないと請求できません。