日銀の新貸出制度

Pocket
LINEで送る

日銀の新貸出制度とは、日本経済の成長基盤を強化するため、環境やエネルギーなどの18の成長分野に融資する金融機関を対象に、現行の政策金利と同じ低利で資金を貸し出すこと。

期間は原則1年間で、借り換えを通じて最長4年間貸し出す。

貸出枠は3兆円。

日銀が金融緩和策に踏み切っても、企業や個人にお金が行き渡っていないことが経済成長を妨げているとの見方から、新貸出制度を導入した。

2010年8月31日、初回の実施予定額として47の金融機関に現行の政策金利と同じ年0.1%の固定金利で合計4625億円貸し出すことを発表した。

日本の離婚率