DIP型会社更生手続き

Pocket
LINEで送る

DIP型会社更生手続きとは、通常の会社更生手続きが旧経営陣の総退陣を全店にしているのに対し、一部の経営陣が留任する「会社更生手続き」のこと。

業務に精通している経営者に引き続き経営に当たらせることで円滑に再建を進める狙いがある。

経営陣が留任する「民事再生手続き」と似ているが、債権者の抵当権行使を完全に停止できる更正法のメリットはそのままに享受できる。

債権者側にとっては、「民事再生手続き」と通常の「会社更生手続き」のいいとこどりともいえ、モラルハザードの懸念が残ると言われている。

ディレクトリサイト登録