アンチダンピング課税

Pocket
LINEで送る

アンチダンピング課税とは、海外企業の不当廉売行為(不当に安い価格で輸入される商品)から国内産業を守るための措置のこと。

海外企業が不当に安い価格で製品を輸出し、輸入国の企業が損失を受けた場合、輸入国の政府がその不当に安い製品に対して特別な関税を課すことで、国内産業を保護することが目的。

WTO(世界貿易機関)が認めている貿易急財措置の1つで、ほかにセーフガード(緊急輸入制限)などもある。

ただ、アンチダンピング課税を乱用すると、競争力が弱い国内産業を保護する目的に多用されかねず、関税障壁になる恐れもあると言われている。

日本は制度の乱用を防ぐ観点から、アンチダンピング課税の導入に関するルールが海外よりも厳しくなっている。

英語学習ならスピードラーニング