為替介入

Pocket
LINEで送る

為替介入とは、各国の財務省や中央銀行などの通貨当局が為替相場の急激な変動による経済への影響を抑えるため、外国為替市場で自国通貨を売ったり、買ったりすること。

日本では財務省の指示で日銀が実施する。

為替介入のための資金は外国為替資金特別会計から引き出す仕組み。

為替介入には一国の政府や中央銀行が単独で行う「単独介入」と、複数の通貨当局が一定の目的を持って同一の通貨を買い支える「協調介入」がある。

為替介入の事例としては、中国が人民元の対ドル相場を維持するため「ドル買い・人民元売り」の介入を続けている。

しかし、過度な為替介入は市場原理に基づく公平な相場形成を妨げるとの見方もある。

マネーの拳 ソフトバンク キャッシュバック