対外資産残高

Pocket
LINEで送る

対外資産残高とは、ある国の政府、企業または個人が海外に持っている様々な資産の合計のこと。

直接投資残高や証券投資残高、外貨準備、輸出延べ払い、借款などで構成される。

一方、国全体として海外に持っている負債を「対外負債残高」と言う。

「対外資産残高」から「対外負債残高」を差し引いたものが「対外純資産残高」となる。

対外資産残高が多ければ、その国の資産大国ぶりを示すことになる。

一方、対外負債残高が多いと、国外からその国への投資が多いことを意味する。

高知県の温泉宿 スピードラーニングの無料お試し