住宅金融支援機構

Pocket
LINEで送る

住宅金融支援機構とは住宅金融公庫の後継組織として住宅金融市場での安定的な資金提供を目指し、2007年に発足した国土交通省が所管する独立行政法人。

フラット35(民間金融機関との提携による最長35年の長期固定金利型住宅ローン)の他、災害復興住宅などの民間金融機関の融資が難しい場合の個人向け融資などを手掛けている。

住宅金融支援機構は民間金融機関からフラット35の債券を買い取り、それを担保にMBS(資産担保証券)を発行して機関投資家などに販売している。

おまとめローン FP 2級と3級の違い