知っておきたい!次世代エネルギー用語の意味

次世代エネルギー 用語

スマートコミュニティー »

スマートコミュニティーとはIT(情報技術)を利用して家庭や工場、交通網などで使うエネルギー効率を高め、省資源化を徹底する地域社会のこと。

LED照明 »

LED照明とは電圧をかけると光を発する発光ダイオード(LED)を光源に使う照明のこと。

リチウムイオン電池 »

リチウムイオン電池とは繰り返し充電して使える2次電池の一種。

京都議定書 »

京都議定書とは6種類の温暖化ガスを削減するために制定された国際的な取り決めのこと。

シェールオイル »

シェールオイルとは岩盤などの内部にある石油のこと。

瞬間最大使用電力 »

電気は貯めること(蓄電)ができないため、電力会社はその瞬間瞬間での電力の需要に応じて発電して、電気を供給している。

瞬間最大使用電力 »

電気は貯めること(蓄電)ができないため、電力会社はその瞬間瞬間での電力の需要に応じて発電して、電気を供給している。

LNG火力発電 »

LNG火力発電とは液化天然ガス(LNG)を燃料とする火力発電のこと。

スマートメーター(次世代電力計) »

スマートメーター(次世代電力計)とは、無線通信や光ファイバー網を使って、家庭の電力消費量が常に最適になるように自動で管理や調整ができる機器のこと。

省エネ支援ビジネス »

省エネ支援ビジネスとはビルや工場、住宅などのエネルギー効率を設備更新や運用改善などによって向上させるビジネスのこと。

2国間クレジット制度 »

2国間クレジット制度とは新興国や発展途上国に省エネ技術を提供し温暖化ガス排出量を削減する見返りに、ガス排出枠を獲得する新しい国際的枠組みのこと。

電力総量規制 »

電力総量規制とは企業などが利用可能な電力量の上限を政府が定め、その分を超えて電力を使えないようにする規制。

太陽熱発電 »

太陽熱発電は多数の鏡で太陽光を集めた熱で蒸気を発生させ、タービンを回して発電する方法。

化石燃料を使わず、発電時に二酸化炭素を排出しない環境負荷の低い次世代エネルギーとして注目されている。

トップランナー基準 »

トップランナー基準とはエネルギー効率を向上させる目標の達成を国がメーカーに義務づける制度で、省エネが最も進んだ製品の性能に全体を合わせる制度。

液化天然ガス(LNG) »

液化天然ガスとはガス田から採掘したメタンを主成分とした気体の天然ガスを超低温(セ氏マイナス162度)まで冷却して液体にしたもの。

スマートグリッド(次世代送電網) »

スマートグリッドとは、ITを使って電力供給を自動制御・最適化する次世代送電網のこと。

太陽光発電 »

太陽光発電とは太陽光が当たると発電する太陽電池を使った発電方法。

余剰電力買い取り制度 »

余剰電力買い取り制度とは家庭などの小規模な太陽光発電で発生した電気のうち、家庭で使わない余った電気を電力会社が買い取る制度。