LED照明

LED照明

LED照明とは電圧をかけると光を発する発光ダイオード(LED)を光源に使う照明のこと。

LED照明の寿命は約4万時間。

既存の照明に比べて以下のように遙かに高寿命・低消費電力を誇る。

・電球形の白熱灯
寿命:40倍
消費電力:約5分の1

・蛍光灯
寿命:4〜7倍
消費電力:最大半分

LED照明は2000年頃から携帯電話のバックライトなどで使われてきた。

2011年3月11日の東日本大震災後には、電力不足で企業の家庭の節電意識が高まり、既存の照明からの置き換え需要が高まっている。

照明は日本の消費電力の約20%を占めているので、すべての照明がLEDに置き換われば半減する。

政府や環境対策の一環で、2030年までに国内のすべての照明をLEDなどの省エネルギー型に置き換える方針を掲げている。