LNG火力発電

LNG火力発電

LNG火力発電とは液化天然ガス(LNG)を燃料とする火力発電のこと。

2009年度のLNG火力発電の発電電力量は2808億キロワット時と、第1次石油危機が起きた1973年度の32倍に増えている。

東京電力は新潟中越地震の際に、LNG火力発電で電力需要をまかなった。

◎発電電力量全体に占める比率(2009年)
・LNG火力発電:29.4%
・原子力:29.2%
・石炭火力:24.7%


タバコと脳卒中

新商品 あの噂の新商品をいち早く紹介