余剰電力買い取り制度

余剰電力買い取り制度

余剰電力買い取り制度とは家庭などの小規模な太陽光発電で発生した電気のうち、家庭で使わない余った電気を電力会社が買い取る制度。

2009年11月から始まった制度で、買い取り費用は電力会社が電力利用者から電気料金に上乗せして回収する。

電気料金に上乗せされる料金は地域によって違い、毎年見直される。

2011年1月現在の買い取り価格は、10キロワット未満の住宅用で1キロワットあたり48円。

さらに、政府は2012年をメドに、大規模な太陽光発電所や風力、地熱、中小水力、バイオマス(生物資源)発電の電気も幅広く買い取る再生可能エネルギーの「全量買い取り制度」を導入する方針。