トップランナー基準

トップランナー基準

トップランナー基準とはエネルギー効率を向上させる目標の達成を国がメーカーに義務づける制度で、省エネが最も進んだ製品の性能に全体を合わせる制度。

すでに商品化された製品のうち、最も省エネが進んだモノの性能をさらに超える高い基準を目指す。

トップランナー基準は1998年に導入され、現在は自動車やガス温水器など23品目が対象になっている。

省エネを義務づけることで、二酸化炭素の排出削減を見込む。

2011ン1月、経済産業省は空調やポンプ、家電などに  幅広く使われる産業用モーターをトップランナー基準の対象加える方針を打ち出した。

モーターは用途が幅広いため、自動車並みの省エネ効果が得られると期待されている。