電力総量規制

電力総量規制

電力総量規制とは企業などが利用可能な電力量の上限を政府が定め、その分を超えて電力を使えないようにする規制。

2010年3月11日に起こった東日本大震災後に行われている「計画停電」はあらかじめ決められた時間に送電を強制的に止める方法。

一方、「総量規制」は送電は止めないが使用料を制限し、上限を守らない企業などには罰金が科せられる。

電気事業法27条では、電気の需給調整をしなければ経済や国民生活に悪影響を及ぼす場合、経済産業相が電力の大口需要者の電力利用を制限できると定めている。


元エステシャンが語る脱毛 失敗せずにキレイにムダ毛を脱毛する方法

酵素ダイエット