省エネ支援ビジネス

省エネ支援ビジネス

省エネ支援ビジネスとはビルや工場、住宅などのエネルギー効率を設備更新や運用改善などによって向上させるビジネスのこと。

省エネ支援ビジネスは、関連機器の販売なども含めると、国内だけで数兆円の市場規模があるとみられている。

日本のエネルギー効率は世界最高水準と言われ、日本と同じ実質国内総生産(GDP)を生み出すには、アメリカなら2倍、ちゅ動くやインドなら7〜8倍、ロシアなら16倍のエネルギーを消費する。

温暖化ガス削減には、太陽光発電や風力といった次世代エネルギーの活用よりも、省エネの方が効果的と言う人もいる。

日本の省エネ支援ビジネスでは、ヒートポンプなどの熱利用技術やインバーターなどのエネルギー制御技術に強みを持つ会社が目立つ。


カード会社がリボルビング払いを勧めてくる理由

脱毛 元エステシャンが語る失敗しない脱毛