瞬間最大使用電力

瞬間最大使用電力

電気は貯めること(蓄電)ができないため、電力会社はその瞬間瞬間での電力の需要に応じて発電して、電気を供給している。

瞬間最大使用電力とは、電力の需要のピーク時に企業や家庭が使っている電気の水準のこと。

単位はキロワット。

2011年3月11日に起こった東日本大震災で東京電力と東北電力の発電所が被害を受け、供給できる電力が低下。

その結果、電気のピーク時の需要が供給能力を上回り、大規模な停電になる可能性が出てきたため、経済産業省は夏の伝rひょく需給対策として瞬間最大使用電力を制限することにした。