固定為替相場制/変動為替相場制

Pocket
LINEで送る

為替相場を一定の相場に決めることを固定為替相場制といい、通貨の需要と供給のバランスで相場が決まることを変動為替相場制という。

第2次大戦後の世界では、ドルを中心とする固定為替相場がとられ、円の相場も360円でした。

そして1973年以降、現在の為替相場に移行しました。