円キャリートレード

Pocket
LINEで送る

円キャリートレードとは、円のような超低金利の通過を借り、それで相対的に高金利の通貨建ての資産を買って、金利収入と為替差益の両方の利益を狙う取引のこと。

ヘッジファンドなどが積極的に行い、円売り・外貨買いが膨らみ、円安の要因になってきた。

しかし、リスクを気にする空気が広まると手じまうことが多く、逆に外貨売り・円買いが増える。

円ドルのキャリートレードの実態をつかむ上で、ある程度参考になるのがシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)での通貨先物取引の状況と言われている。

プラダの歴史