多国間の徴税ネットワーク(税務行政執行共助条約)

Pocket
LINEで送る

多国間の徴税ネットワークとは租税回避の目的などで海外へ移転した資産にも課税できるように、多国間で連携する仕組みのこと。

多国間の徴税ネットワークによって、資産の海外移転のよる課税逃れを防止することにつながる。

多額の納税義務を負う納税者の資産状況など税務情報を多国間の徴税ネットワークの加盟国で共有し、必要に応じて海外の税務当局に徴税の代行を要請できるようになる。

多国間の徴税ネットワークは「税務行政執行共助条約」の柱となり、「税務行政執行共助条約」はOECD(経済協力開発機構)や欧州評議会の加盟国を対象に1988年に成立した。

2010年5月の改正で、非加盟国も加盟国の同意があれば書名できるようになった。

2011年3月末時点で以下の23カ国が「税務行政執行共助条約」に参加している。

・アメリカ
・カナダ
・イギリス
・フランス
・ドイツ
・イタリア
・オランダ
・スペイン
・ベルギー
・デンマーク
・フィンランド
・アイスランド
・ノルウェー
・ポーランド
・スウェーデン
・韓国
・メキシコ
・ポルトガル
・アゼルバイジャン
・モルドバ
・ウクライナ
・スロベニア
・グルジア

銀行 個人向け無担保・無目的ローン