出来高

Pocket
LINEで送る

出来高とは、株の売買取引の数のこと。株式市場の活発さを表す指標になる。

通常、何億株というように毎日、新聞などに記載される。株の値段でなく、株の売買の数から株式市場の動向を見る指標です。

株の売買が多ければ、それだけ株式市場が活発に動いているといえます。

バブル時代は、東証第一部の一日の出来高は平均で10億以上ありました。

売買が多ければ、その分証券会社には株式売買委託手数料が入るので証券会社は顧客の獲得のため、サービスに力を入れています。