外国為替市場介入

Pocket
LINEで送る

外国為替市場介入とは、財務省や中央銀行などの通貨当局が外国為替相場を安定させるために、内外の外為市場で通貨を売買すること。

日本の場合、介入の権限を持つ財務相がタイミングや金額を決定し、その指示に基づいて日銀が通貨の売買実務を遂行する。

急激な円高には円売り介入、円安には円買い介入で対応。

円売りの場合は、政府短期証券を発行して調整した円資金を使い、ドルなどの外貨を買う。

円買いの場合は、外国為替資金特別会計で管理する資金(外貨準備)を取り崩して円を買う。

ただし、外為市場の規模が大きくなった現在では、1国の単独介入の効果には限りがあると言われている。

成長ホルモン サプリメント