高速取引

Pocket
LINEで送る

高速取引とは、市場の変化に応じて1秒に1000回という自動化された高速売買で、薄い利ざやを積み重ねる取引手法のこと。

ヘッジファンドや証券会社の自己売買部門のほか、「プロップファーム」と呼ばれる専用業者が手掛けており、取引業者は400者程度とされている。

「高速取引」は「ハイ・フリークエンシー・トレーディング(高頻度取引)」とも呼ばれている。

スピードラーニング ジュニア