為替デリバティブ

Pocket
LINEで送る

為替デリバティブとは、輸出入をしている企業が相場変動に伴う為替リスクを抑えるために、あらかじめ一定の価格で外貨を売り買いしておくための契約のこと。

たとえば、輸出企業が長期的に円安・ドル高が続くと予想した場合、足元の相場より円高水準でドルを買える取引をしておけば、ドルの調達コストは実際の相場よりも割安となる。

しかし、逆に、予想に反して円高が進めば、ドルの調達コストは割高となる。

銀行は企業と為替デリバティブ契約を結ぶ時、自社が為替変動リスクを負うのを避けるために反対の売買をしている。

このため企業は簡単には為替デリバティブの契約を解約できず、違約金も高額になるケースが多い。

ひかりTV ヒアリングマラソン