インターバンク市場・オープン市場

Pocket
LINEで送る

短期金融市場は、参加者の違いによって2つに分かれます。

金融機関だけで取引する「インターバンク市場」と、金融機関以外も取引に参加する「オープン市場」です。

短期金融市場は、金融機関がごく短い期間の資金の過不足を補うために、互いに融通しあう市場として発達しました。

そのため、かっては短期金融市場というと、ほとんどがインターバンク市場のことでした。

しかし、経済成長のスピードが失速し始めたころから「余剰資金は少しでも有利な金利で誰かに貸そう」と考える企業が増え、市場の多様化と共にオープン市場が拡大しています。