相対取引型市場・市場取引型市場

Pocket
LINEで送る

金融市場では、お金を融通するさまざまな取引が行われていますが、この取引には相対取引と市場取引の2つがある。

相対取引とは、貸し借りの契約などを1対1で結ぶもので、銀行が企業などへ資金を貸し出す際の「貸出市場」が相対取引型市場です。

これに対し、市場取引とは一定のルールが定められた市場で、不特定多数が参加して行われる取引のことです。