ブラックマンデー

Pocket
LINEで送る

ブラックマンデーとは、1987年10月19日の月曜日、ニューヨーク証券取引所で起こった史上最大の株価大暴落を言う。

アメリカ経済の先行き不透明感からダウ平均株価は前日比で22.6%の下落。

世界恐慌のきっかけとなり「暗黒の木曜日」と呼ばれた1929年の大暴落よりも大きな下げ幅で、翌日には世界各国の株式市場も暴落しました。