デフレスパイラルとは

Pocket
LINEで送る

最近、テレビや新聞で「デフレ」という言葉がよく露出しています。

デフレとは「デフレーション」の略で、物価が下がり続けること(モノの値段が下落し続けること)。

では、「デフレスパイラル」とはどんな状態のことを言うのでしょうか?

物価が下がる(モノの値段が安くなる)というと、消費者からすると、とっても良いことのように思われます。

でも、「光」のあるところに必ず「影」があるように、物価が下がることは良いことばかりではありません。

物価が下がる(モノの値段が安くなる)ことの「影」を理解することが、本当の意味で「デフレ」を理解することにつながり、その結果、「デフレスパイラル」を理解することにつながります。

では、モノの値段が安くなるとなると、その後、どんなことが起こるのでしょうか?

モノの値段が安くなる
  ↓
会社の儲けが減る
  ↓
社員の給料が減る
  ↓
節約してお金を使わなくなる
  ↓
安いモノしか売れなくなる
  ↓
さらに、モノの値段が安くなる
  ↓
さらに、会社の儲けが減る
  ↓
さらに、社員の給料が減る
  ↓
さらに、節約してお金を使わなくなる
  ↓
さらに、安いモノしか売れなくなる
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

と、螺旋階段を下りて行くようにグルグルと下に向かって続いてしまうわけです。

これを「デフレスパイラル」と言います。

「スパイラル」とは「螺旋階段を下りていくように谷底に落ちていく」というイメージの意味です。

各店舗としては、安売りして儲けが減って利益があまり出なくなるので、本当なら安売りしない方がいいのだか、他店が安売りするとお客を奪われてしまう恐れがあり、なかなか価格を上げるということができない状況が続いてしまうというわけです。

デフレは終わらない―騙されないための裏読み経済学

↑ 果たしてデフレは終わるのか?それとも・・・

タイトルとURLをコピーしました