日本の金融政策と金融行政

概算払い

概算払い(がいさんばらい)とはペイオフで保護されない1000万円を超える預金の元本とその金利について、およその弁済率を算定し、預金者の求めに応じて事前に払い戻す制度のこと。 日本振興銀行への初のペイオフ発動により、保護されない部分の預...
会計関連

減価償却制度

減価償却制度とは、企業の生産設備や建物といった使っているうちに劣化する資産について、毎年の価値の減少分を損金として形上する制度。 減価償却制度は法人税法で定めた金額の範囲内で償却費を損金(経費)として課税所得から差し引き、税負担を軽減...
金融商品の仕組み

上場不動産投資信託(REIT)

上場不動産投資信託(REIT)とは、証券取引所に上場して投資家から集めた資金でオフィスビルやマンションなどの不動産を取得し、賃料収入や売却益を投資家に配当する投資信託のこと。 REITは「Real Estate Investment ...
会計関連

所得税の控除

所得税の控除とは個人の給与所得や利子所得、退職所得などから一定額を差し引いて課税対象額を抑えること。 税金を負担する能力に応じて課税する狙いがある。 控除には会社員の給与収入から一定額を必要経費として差し引く給与所得控除や医療費...
国際金融のメカニズム

投資協定

投資協定とは外国企業による投資の保護や自由化のルールを定める協定。 相手国へ直接投資する際に障害となる規制を減らし、企業の進出を促す効果がある。 外国企業に現地企業と同じ待遇を与える規定などが中心となるほか、政府による強制収用へ...
金融市場の仕組み

エクイティファイナンス

エクイティファイナンスとは企業が新株を発行して資金を調達すること。 増資や新規株式公開(IPO)、将来株式に転換する可能性がある新株予約権付社債(転換社債=CB)などの方法がある。 新株を発行することによって、企業の自己資本が増...
経済関連

CIVETS

CIVETSとは ・コロンビア(Colombia) ・インドネシア(Indonesia) ・ベトナム(Vietnam) ・エジプト(Egypt) ・トルコ(Turkey) ・南アフリカ(South africa) の6...
金融商品の仕組み

インフラファンド

インフラファンドとは投資家から資金を集めて道路や空港、学校、発電所といった社会資本に投資する金融商品のこと。 建設段階から投資するほか、既存インフラを買い取ったり、運営会社の株式を取得したりする。 インフラ事業は需要が景気変動に...
会計関連

一般会計

一般会計とは、国の基本的な会計で「歳入」と「歳出」には、次のようなものがある。 歳入 ・税収 ・国債発行による収入 ・特別会計の剰余金などの税外収入 など 歳出 ・社会保障 ・公共事業などの政策経費 ・地方交付税交...
日本の金融政策と金融行政

企業年金

企業年金とは民間企業が運営する年金。 日本の年金は以下のように3層構造になっている。 <1階部分> 国が全国民に提供する国民年金 <2階部分> 報酬に比例して支給する厚生年金保険など <3階部分> 企業年金 ...
金融機関の種類と役割

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は2007年10月の日本郵政グループ発足に伴い開業された銀行。 2010年9月末の総資産は190兆円と、邦銀最大手の三菱UFJファイナンシャルグループ(206兆円)に次ぐ2位。 ゆうちょ銀行は個人から貯金を受け入れて...
金融の基本的な仕組み

改正貸金業法

改正貸金業法とは借金を繰り返して返済に行き詰まる多重債務者問題の解消を目指し、2006年末に成立した法案。 2007年以降、段階的に施行され、2010年6月18日に完全施行された。 主な変更点は次の2つ。 (1)貸金業者か...
金融の基本的な仕組み

自社株消去

自社株消去とは企業が買い入れた自社の株式(金庫株)を消滅させること。 企業が自社株を消去すると、その分だけ企業が再び市場に放出することはなくなるので、株式の需給面でプラスの効果があるとされている。 そのため、企業にとっては低迷す...
金融商品の仕組み

CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)

CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)とは、企業や国などが債権者に元本や利息を約束通り支払えなくなる「デフォルト(債務不履行)」に陥る信用リスクを売買する金融派生商品のこと。 簡単に言うと、国の財政破綻や企業が倒産するリスクを取引...
経済関連

寄与度

寄与度とは、個人消費や設備投資など国内総生産(GDP)を構成する各需要項目が、GDP成長率を押し上げたり、引き下げたりする度合いのこと 同じ伸び率であっても、大きい需要項目なら成長率への寄与は大きくなる。 需要項目を大きく分ける...
金融の基本的な仕組み

四半期決算

四半期決算とは上場企業が3ヶ月ごとに決算を発表する制度。 以前は中間期と期末以外の四半期業績の開示は証券取引所の自主ルールに基づいて行われた。 しかし、2009年3月期以降から金融商品取引法により、3ヶ月ごとの公表が義務化された...
金融商品の仕組み

株価の移動平均

株価の移動平均とは、株価の値動きの傾向をつかみ、売買のタイミングを探るのに使う指標のこと。 その日までの一定期間の終値の平均値のことで、短期のトレンドは25日、中期のトレンドを見るには13週、26週の移動平均がよく使われる。 毎...
金融商品の仕組み

配当性向

配当性向とは1年間で稼ぎ出した利益の中から、どの程度を株主への配当に回すかを示す比率のこと。 純利益に占める配当総額の割合で表し、1株あたりの年間配当を1株利益で割っても算出できる。 配当性向が一定なら、利益が増えなければ配当も...
金融の基本的な仕組み

騰落レシオ

騰落レシオとは株式相場の強弱を見るテクニカル指標で、値上がり銘柄数を値下がり銘柄数で割って算出し、百分率で表示する。 値上がりが値下がりより多ければ100%を超え、値下がりが多ければ100%未満となる。 騰落レシオは一般的に、過...
貿易関連

FTAAP(アジア太平洋自由貿易圏)

FTAAP(アジア太平洋自由貿易圏)とは、APEC(アジア太平洋経済協力会議)の域内すべての貿易を自由化する地域間の自由貿易協定(FTA)のこと。 2006年にアメリカが提唱した。 FTAAPは相談な構想で実現までに時間がかかる...
タイトルとURLをコピーしました