貿易関連

非関税障壁

非関税障壁とは政府が関税以外の方法で国産品と外国産品を区別して輸入を制限する措置のこと。 輸入数量制限や輸入課徴金、製品規格の基準・認証制度、輸出入時の検査手続きのなどがある。
貿易関連

TPP(環太平洋経済連携協定)

TPP(環太平洋経済連携協定)とは、「Trans-Pacific Partnership(環太平洋パートナーシップ協定)」の略で、太平洋を囲む地域で自由貿易を進めようという枠組み。 シンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイの4カ...
金融市場の仕組み

社債市場

社債市場とは民間企業が発行する債券(社債)を取引する市場のこと。 企業は設備投資など中長期の資金を調達する手段として社債を発行する。 社債を発行した企業は、利息を問うしかに支払い、償還期日に元本を返済する。 社債市場には証...
会計関連

欠損金の繰越控除制

欠損金の繰越控除制とは、企業がある決算期に抱えた欠損金(赤字)を翌期以降にも繰り越して黒字と相殺できる制度。 課税所得を圧縮できるので企業にとっては税負担が軽くなる。 繰り越し期間は最長7年間。 海外では20年や無期限を採...
金融機関の種類と役割

不動産ファンド

不動産ファンドとは、投資家から資金を募って不動産を取得し、その運用で得る賃貸収入や物件の売却益を投資家に配当として分配するファンドのこと。 不動産ファンドには以下の2種類がある。 (1)証券取引所に上場し、一般の投資家も日々売買...
会計関連

電子手形

電子手形とは、2008年12月の電子記録債権法施行により導入された紙の手形を電子上に置き換えた新たな決済手段。 国が認めた「電子記録債権機関」がコンピューター上で支払額や債権者・債務者の氏名、支払い期日などの情報を管理する。 第...
経済関連

地方交付税

地方交付税とは地方自治体が一定の行政サービスを提供できるように、国が資金を分配する制度。 所得税や消費税などの国税の一定割合(法定率)が財源で、地方はこの財源を自由に使える。
経済関連

可処分所得

可処分所得とは、家計の手取り収入を指し、家計の現金収入である実収入から、税金や社会保険料などの非消費支出を差し引いた額になる。 モノやサービスの購入に充てられるため、購買力を測る指標になる。 可処分所得に占める消費支出の割合を「...
金融商品の仕組み

ダークプール

ダークプールとは証券会社が投資家の注文を証券取引所とは別に独自の価格で付け合わせをする取引形態のこと。 取引が成立する前後の過程が外部から見えないことから「見えない市場」という意味で「ダークプール」と呼ばれる。 ダークプールでは...
経済関連

経常収支

経常収支とは、 ・製品の輸出入による「貿易収支」 ・輸送や旅行などの「サービス収支」 ・利子や配当金などの「所得収支」 ・無償資金協力や国際機関への分担金などの「経常移転収支」 を合わせたもので、海外との「モノ」「サービス...
金融機関の種類と役割

システム上重要な金融機関(SIFIs)

システム上重要な金融機関とは、総資産や他の金融機関との取引規模が大きいため、破綻すると金融システムに大きな影響を与える金融機関のこと。 英語の略称である「SIFIs(Systemically Important Financial I...
国際金融のメカニズム

中国の為替介入(人民元)

中国は自国通貨である人民元の過度な相場変動を防ぐために、中国人民銀行(中央銀行)が為替相場に介入している。 中国の為替介入は、人民元の上昇を抑える人民元売り・ドル買いが基本。 市場での自由な売買で価値が決まる「変動相場制」とは異...
金融の基本的な仕組み

金利リスク

金利リスクとは、金利の変動によって保有する資産に含み損などが発生するリスクのこと。 たとえば、国債は金利が上昇すると価格が下落するため、国債を保有している金融機関は金利変動によって保有する資産(国債)に損失が発生するリスクを抱えている...
国際金融のメカニズム

タカフル

タカフルとは、イスラム法(シャリーア)で重視・奨励される相互扶助の考えをもとにつくられた保険。 保険会社は契約者からの拠出金を管理することで手数料収入を得る一方、契約した内容の災害に対して保険金を支払うようになっている。 拠出金...
会計関連

包括利益

包括利益とは売上高から費用を引いて計算した純利益に保有株式の時価の動きなど資産・負債の価値変動を加えた利益のこと。 時価会計に積極的なIFRSが最も重視する利益指標で、純利益を廃止して包括利益への1本化を目指す議論もある。 日本...
経済関連

中進国

中進国とは個民所得が低所得国である後発途上国よりも多い中所得国の総称。 世界銀行の基準では、年間の1人当たり国民総所得が996ドルに達した時点で「低所得国」から「中進国」の中で所得の低い「低中所得国」となる。 ASEAN(東南ア...
金融の基本的な仕組み

リスク資産と安全資産

個人の保有する金融資産は、価格変動率に応じて大まかに「リスク資産」と「安全資産」とに分けられる。 株式や為替などの市況次第で時価が動く投資信託や外貨預金などは、値上がりが期待できる半面、大きく値下がりする可能性もあるので「リスク資産」...
経済関連

対外資産残高

対外資産残高とは、ある国の政府、企業または個人が海外に持っている様々な資産の合計のこと。 直接投資残高や証券投資残高、外貨準備、輸出延べ払い、借款などで構成される。 一方、国全体として海外に持っている負債を「対外負債残高」と言う...
経済関連

潜在成長率

潜在成長率とは景気循環の影響を除いた経済成長のことで、中長期的な経済の伸びを示す。 潜在成長率は以下の3つの要素から計算する。 (1)企業の設備(資本) (2)労働力 (3)技術やノウハウ、教育水準などの生産性(全要...
会計関連

国際会計基準(IFRS)

国際会計基準(IFRS)とは、ロンドンに本部を置く国際会計基準審議会(IASB)が作る会計ルールのこと。 「IFRS」は「International Financial Reporting Standards」の略称。 欧州連合...
タイトルとURLをコピーしました