CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)

Pocket
LINEで送る

CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)とは、企業や国などが債権者に元本や利息を約束通り支払えなくなる「デフォルト(債務不履行)」に陥る信用リスクを売買する金融派生商品のこと。

簡単に言うと、国の財政破綻や企業が倒産するリスクを取引の対象とした金融派生商品。

債権額の一定割合に当たる保証料を取引相手に支払うと、債務不履行が起こった時に損失分を補償してもらえるので、保険に似た役割を持っている。

信用リスクを回避したい投資家はCDSを購入し、保有する債券などの元本の一定割合を保証料として支払う。

一方、保証料をもらう売り手は、リスクを負う代わりに毎年一定の保証料を受け取る。

保証料が急騰している国や企業は、市場で債務不履行などのリスクが高まっていることを意味する。

海外ドラマ LOST(ロスト) 楽天レンタル