目論見書

Pocket
LINEで送る

それぞれの投資信託には、パンフレットとは別に、運用の方針、運用対象(どんな株、債券に投資するのか)、期間、購入単位、手数料、税金、約款の内容などを詳細に記した冊子があり、それを目論見書と言います。

証券取引上、作成が義務付けられており、実際に購入するにあたっては、必ず目論見書を入手して、しっかり内容を確認することが必要です。