保護預り/保管振替制度

Pocket
LINEで送る

保護預りとは、投資家が株を売買するときなど株の現物を手元に置かないで、現物はその株を売買した証券会社に預けてもらう制度をいいます。

いちいち株券を証券会社と受け渡しをするのは手間がかかりますし、また手元に持っていて盗難にあったり、紛失したりすると大変です。

自分はその預り証のみを受け取るのが一般的です。

預ける方法として証券会社の「保護預り」を利用する方法と証券保管振替機構の「保管振替制度」を利用する方法があります。