株式譲渡益課税

Pocket
LINEで送る

株式譲渡益課税とは、投資家が株式売買であげた利益に対して課される税金のことです。

従来は個人の場合には、源泉分離課税と申告分離課税の2通りの課税方式があり、納税者がいずれかを選択できることになっていましたが、1999年度税制改正で投資家が都合のよい方式を選んで納税することを防ぐため、申告分離課税へ一本化する方針が打ち出されました。

2002年末から申告分離課税に一本化されました。