デリバティブ(金融派生商品)

Pocket
LINEで送る

デリバティブ(金融派生商品)とは、デリバティブは高度な金融技術を使い、資金の数百倍もの取引が可能となる金融商品のこと。

もともと「派生したもの」という意味で、株式・債券などの金融商品の取引や、金地金・穀物・石油などの商品取引から派生した金融商品。

主に先物取引、オプション取引、スワップ取引の3種類がある。

2008年のリーマンショックを機に、主要国の金融監督当局はデリバティブが金融危機の火薬庫になった原因とみて、取引の透明性を高めるために規制強化に乗り出している。

地震対策マニュアル