先物取引

Pocket
LINEで送る

先物取引とは、将来の一定時点、または一定の期間における取引を前もって約定しておく取引。

例えば、ある仕入れ業者が商品の原料について値段が急騰すると困るので、半年後に必要になる値段を決めて予約しておけば、あとは値段が上がっても安心です。

納入業者としても、半年先の売上が確保できるメリットがあります。

このように、将来の一定時期における品物の受け渡しとその価格をあらかじめ契約しておく取引を「先物取引」といいます。