オプション取引

Pocket
LINEで送る

オプション取引とは、特定の商品を将来の一定期間内に一定の価格で売買する権利を取引することをいう。

ある金融資産を将来のある期間において約束した値段で買えるという権利のこと。

先物取引に似ているが、オプション取引は買った権利を放棄できるという点がポイントになる。

オプション取引は、株式売買などに使われることがある。

株価指数などを対象に事前に決めた価格(権利行使価格)で将来に買う権利(コール)や売る権利(プット)を取引する。

日経平均オプションで9000円のプットの買い手はオプション料を払う代わり、最終売買日に9000円を割った場合は売り手に差額を負担してもらえる。

一方、売り手はオプション料を得られるが、9000円を大きく下回ると多額の損失を被る。

薬剤師