配当性向

Pocket
LINEで送る

配当性向とは1年間で稼ぎ出した利益の中から、どの程度を株主への配当に回すかを示す比率のこと。

純利益に占める配当総額の割合で表し、1株あたりの年間配当を1株利益で割っても算出できる。

配当性向が一定なら、利益が増えなければ配当も増えない。

配当性向を引き上げれば、同じ利益水準でも配当が増える。

このため、配当性向の引き上げは、株主への利益配分の強化を意味し、配当の方針を配当性向で表す企業も多い。

純利益の増減に伴い、配当も増減するので、投資家が配当額を予想する際の目安にもなる。

株主への利益配分には配当の他に、市場から自社株を買い入れ1株価値を高める「自社株買い」という手段もある。

Tカードプラス Wカード