株価の移動平均

Pocket
LINEで送る

株価の移動平均とは、株価の値動きの傾向をつかみ、売買のタイミングを探るのに使う指標のこと。

その日までの一定期間の終値の平均値のことで、短期のトレンドは25日、中期のトレンドを見るには13週、26週の移動平均がよく使われる。

毎日(毎週)の移動平均値をグラフでつなげた移動平均腺が右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンドにあることを意味する。

実際の株価と移動平均を比較して過熱や出遅れの度合いも分析できる。

一般的には、日経平均が移動平均より5%以上高いと「買われすぎ」、5%以上低いと「売られすぎ」の状態にあるとされている。

BBCワールドニュース スピードラーニング 中国語