毎月分配型投信

Pocket
LINEで送る

毎月分配型投信とは投資家が毎月、分配金という形で元気を受け取る投資信託のこと。

毎月分配型投信は日本で投資信託の主力商品となっており、2010年11月末の残高は約32兆円で投資信託全体の50%を超える。

毎月分配型投信の代表例が国際投信投資顧問が運用する「グローバル・ソブリン・オープン(グロソブ)」など。

毎月分配型投信は毎月、分配金をもらえるというメリットがある一方、分配金を出すために運用資産を取り崩すことから、運用益を元の資産に上乗せして資産を効率よく増やす「複利効果」が見込めないというデメリットもある。

毎月分配型投信の中には、分配金の額を競うあまり、運用益が出ていないのに資産を取り崩して分配金の水準を維持するという商品もある。

渋谷でパーティードレスをレンタル LOWRYS FARM(ローリーズファーム)