特恵関税制度

Pocket
LINEで送る

特恵関税制度とは、発展途上国を原産地とする輸入品に対し、通常より低い関税率を適用する制度のこと。

輸出拡大による経済発展を支援するのを目的とし、1971年から実施されている。

2010年7月現在では、154の国や地域を対象に適用。

対象品目数は約3500で関税品目全体の6割を占める。

国内産業への影響を踏まえ、繊維や金属製品など1180品目には特恵関税制度の年間上限枠(金額・数量)を設定。

毎月、数値を把握し、年間上限枠を超えると年度末まで適用を停止する。

口腔乾燥症